ホーム > マイクロスコープ > マイクロスコープで虫歯治療

マイクロスコープで虫歯治療

こんにちは 院長の亀井です。

今日はマイクロスコープと呼ばれる、
顕微鏡を用いた治療についてです。

マイクロスコープとは、
最大20倍に拡大して見ることができる診療機器です。

非常に高額な機器な為、
まだあまり普及しておりません。

ただこの機器を用いると、
今まで見えなかったものが見えてきます。

虫歯は表面に穴が開いてなくても
進行するのをご存じですか?

歯周病で 抜いた歯を 切断してみました。

赤丸が虫歯です。

右の赤丸は 表面からできてます。

左の赤丸を拡大しました。

赤矢印には虫歯はありません。
青矢印に大きく虫歯が広がっています。

これは マイクロクラックと呼ばれる
ひびを伝わって細菌が侵入し
歯の中で虫歯が拡大しています。

このヒビは肉眼では見えません。

マイクロスコープで見えます。

このヒビを修復するのが、
山梨県の秋山先生が考案された
マイクロクラックリペアーテクニックです。

マイクロスコープを用いた画期的な治療法です。

秋山先生から直接指導された
歯科医師にしかできない技術です。

先日私も、指導を受けてきました。

虫歯でお悩みの方はご参考に・・

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2017 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP