審美歯科 – ラミネートベニア

歯の色や形状を自由自在に

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、
歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックのシェル(付けツメのようなもの)を貼り付ける治療法です。
セラミックスで覆うため、自然な白さが保たれます。

主に前歯に対して行い、
ホワイトニングでは白くならない場合や、
歯と歯のすき間が空いている場合などに適しています。

審美歯科/材質と特徴について(保険適用外/自費)

保険診療で使われる一般的な歯科材料として、
金属(銀合金、パラジウム合金など)や、レジンとよばれるプラスチック製の樹脂があります。
金属は歯と比べて非常に目立つので審美的には劣ります。
またレジンは陶材と違って色合わせすることが出来ないため、規正のカラーバリエーションの中から選ばないといけません。

歯の色や見え方は人それぞれ違うため、審美歯科では次の材質のものが使われています。

オールセラミック

・セラミック(陶材)のみで作られたもの
・透明感があり、非常に見た目が美しく、自然の歯に近い
・汚れが付きにくく、変色しにくい
・金属アレルギーの心配がない

メタルセラミック(メタルボンド)

・金属にセラミックを焼き付けたもの
・内側が金属の為、オールセラミックよりは丈夫で割れにくい
・天然歯の色に近い
・裏側からは金属が見える

ハイブリッドセラミック

・セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材でつくられたもの
・透明感はオールセラミックよりやや劣るが、レジンよりは見た目がよく丈夫
・時間が立つと変色する

料金表

ノーブルデンタルオフィスでは、自費治療についての料金表をご用意しております。
ご覧になりたい方は、来院時に受付でお訪ねください。

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP