精密歯科診療

患者様のために、より精密に正確に

マイクロスコープ

手術用顕微鏡の使用は脳外科、眼科、耳鼻科などでは30年以上の歴史があります。
歯科においては、1990年代にようやく使用されるようになり、
アメリカでは1998年より歯内療法専門医はマイクロスコープの使用が義務化されております。

当院では、開院時よりこのマイクロスコープを使用した治療を行っております。

[マイクロスコープを使用すると]
肉眼では見ることができなかった歯内(歯の根の中)、
歯周(歯茎)などを細かく確認することが出来ます。
歯の詰め物や歯のかぶせもの治療に精度を高めて、
より高い歯質の科医療へと導くことが可能となります。

モニターで治療箇所を表示して説明することも可能です

診断能力の向上、虫歯の見落としを防いで再発率を抑える。
正確に・精密に処置をすることから、最小限の削除で痛みの軽減、除去精度の向上。
補綴物などの適合精度向上。

サージテルシステム

視野拡大することによって、歯の細かなディテールや、
補綴物の装着・フィットの状態などを視ることが可能となり、
より精密で高レベルな治療を行えます。

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP