ホーム > 最新ニュース > 小児矯正、選択肢広がる 早期相談で体の負担減

小児矯正、選択肢広がる 早期相談で体の負担減

歯をワイヤなどの金具で固定し、歯並びを良くしていく歯科矯正。
永久歯が生えそろってからの治療が一般的だが、近年は乳歯から永久歯に生え替わる時期の6~12歳頃から始める「小児(前期)矯正」が注目されている。永久歯がバランスよく生えるスペースをつくるため、目立ちにくい歯の裏側から矯正する装置や、取り外し可能な器具を使用するなど、選択肢も広がる。顎(あご)の骨が軟らかいうちに治療するため、大人に比べて痛みも軽減できるという。(豊田善史)

豊見城市内の女児(10)は、9歳の時に器具の取り外しが可能で矯正が目立たない「床(しょう)矯正」を始めた。
母親(40)は「自分で外してしまうことも多く、効果が出るまで遅かったが、今では歯並びがきれいになってきている」と満足げ。

小児矯正は歯科医とのカウンセリングから始まる。
歯並びや顎の骨の状態をエックス線撮影し、かみ合わせる力や全体のバランスを考慮しながら矯正法を決める。
「床矯正」のほか、奥歯を金具で固定して歯の裏側から矯正する「拡大装置」、永久歯に生え替わった後、歯の表面に器具を装着して並びを治していく一般矯正などの方法がある。

モリヤデンタルオフィス(豊見城市)の森谷良孝院長は、「床矯正」は1日14時間装着すれば効果があり、自分でも取り外しが可能と紹介。
治療費は各歯科医院で異なるが、上下で30万円以下で収まる場合もあるという。
「前歯4本が生えた時が治療する最適なタイミング」と森谷院長。

「拡大装置」は奥歯に金属製のバンドを固定し、裏からワイヤの弾力で歯列に力を与えながら歯槽骨を押し広げる。
装置は歯の裏に装着するため目立ちにくい。

情報元(記事全文はこちら):『沖縄タイムス

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP