ホーム > 最新ニュース > 歯ぐきの腫れ対策 塩で引き締め優しくマッサージ

歯ぐきの腫れ対策 塩で引き締め優しくマッサージ

6月4~10日は「歯と口の健康週間」です。
こうした機会に、日頃のお口のケアを見直してみてはいかがですか。
例えば、最近、歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血が気になったことはありませんか。
それは歯周病の初期症状のサインかもしれません。
厚生労働省の調査によると、日本では50代以上の実に80%が歯周病にかかっており、このことが歯を失う最大の要因になっているようです。

歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの間に付着した歯垢です。
歯周病の予防には、この歯垢の除去だけでなく、歯ぐきも念入りなケアが大切です。
歯周病は症状が分かりづらいといわれますが、初期のサインとして表れるのが歯ぐきの腫れです。
悪化して土台となる歯ぐきの骨が溶けてしまう前に、適切な処置をして進行を未然に防ぐ必要があります。

歯ぐきを引き締めるのに、塩が効果的なことは古くからよく知られています。
最近は大粒の塩を配合し、歯ぐきをマッサージするように磨きながら、塩の脱水作用で歯周病による腫れを防ぐ歯磨きも出ています。
塩入り歯磨き特有の塩味を低減し、磨きやすくなっており、しょっぱさが気になる方にもお薦めです。

一方、腫れた歯ぐきを磨く際に痛みを感じることもあります。
そんなときには、毛先が極細なのに加え、ヘッドの幅が広い歯ブラシを使ってみましょう。
歯と歯ぐきの間に深く届くうえに、歯にあたる面積が大きく、同時に歯ぐきまで包み込むように磨けるので、マッサージ効果も期待できます。

毎日の歯ぐきケアを習慣にし、いつまでも自分の歯で、食事をおいしく楽しみたいですね。

情報元(記事全文はこちら):『産経ニュース

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP