ホーム > 最新ニュース > 高齢者にも食べやすいパンを!関西大学の研究チームが注目したのはエノキタケ!?

高齢者にも食べやすいパンを!関西大学の研究チームが注目したのはエノキタケ!?

特に準備が必要なく、手軽に食べられることから、意外と高齢者に人気がある事実が判明しているパン。
健康のために和食の効能が見直される一方で根強い人気があるといわれています。
関西大学で開発された素材を使った「高齢者も食べやすいパン」が商品化されたそうです。

今回、商品化され、5月12日に開催された説明会でお披露目されたのは「おいも ぬくもりパン」。
エノキタケから抽出したタンパク質エキスを添加してパンの水分およそ2パーセント増やしており、より軟らかく、食べやすい上、飲み込みやすいパンとなっているそうです。

「おいも ぬくもりパン」の商品開発は関西大学の小学部の学生たちが提案したもので、このエノキタケから抽出したタンパク質エキスは、うどんや蕎麦のコシを強くしたり、アイスクリームの口溶けを良くしたりする効果もあるとのことで、ほかの商品開発も検討中とのことです。

さまざまな分野で高齢者向けの商品が企画・開発されていますが「おいも ぬくもりパン」のように学生が参加しているものは、若者が超高齢社会の現状を把握し、これからの時代を考えるきっかけにもつながるため、大いに期待されています。
現在のところ「おいも ぬくもりパン」は地域限定で販売されているようですが、これからの展開にも注目したいところです。

情報元(記事全文はこちら):『みんなの介護

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP