ホーム > 最新ニュース > 初期虫歯 就寝前のフッ素ケアで修復

初期虫歯 就寝前のフッ素ケアで修復

虫歯は、口の中にいるミュータンス菌などの細菌が出す酸により歯に穴が開く病気です。
ただ、突然歯に穴が開くわけではありません。

口の中では細菌が作り出す酸によって歯垢の中が酸性になり、内側から歯の成分であるカルシウム(Ca)やリン(P)が徐々に溶け出す「脱灰」と、唾液の働きで歯垢の中が中性になり、溶け出したカルシウムやリンが再び歯に沈着する「再石灰化」という現象が常に起きています。

脱灰が進むと表面に穴が開いた虫歯になり、この場合は元には戻せません。
歯の表面に穴が開く一歩手前の「初期虫歯」の状態であれば、再石灰化により健康な歯に修復することが可能です。

フッ素には、この再石灰化を促す働きがあるので、虫歯予防にはフッ素配合の歯磨き剤を上手に活用することが大切です。
歯磨き剤に含まれるフッ素は、歯を磨いているときだけでなく、歯磨き後も口の中にとどまり再石灰化を促進します。このため、歯磨き後にフッ素を口の中に残すことがポイントです。

情報元(記事全文はこちら):『産経ニュース

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP