ホーム > 最新ニュース > 乳酸菌で口腔内の環境整える

乳酸菌で口腔内の環境整える

高齢化を背景に、移動が困難になり、虫歯や歯周病になっても治療が難しい人が増えている。噛(か)めないことによる栄養不足はもちろん、口腔(こうくう)内のトラブルが、肺炎やその他の感染症に発展する懸念もあるという。

そうしたなか、生きた乳酸菌の働きで口腔内の細菌バランスを改善する、プロバイオティクスの手法が注目されている。ヨーグルトなどを取ることで、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を抑えられることはよく知られている。同様に口腔内も、乳酸菌の働きで良好な環境に整えようとするものだ。

福岡歯科大学の廣藤卓雄教授によると、「口腔内には約700種類の菌がおり抗生剤などの従来の手法では、そのうちの特定の菌だけに対処することは困難でした」。そこでプロバイオティクスに着目し、研究を進めたところ、虫歯や歯周病、口臭予防などへの効果が分かってきたという。

情報元(記事全文はこちら):『産経ニュース

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP