睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に無意識に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

10秒以上、気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸と言います。
この無呼吸が7時間睡眠中に30回以上または、睡眠1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と呼ばれます。
私たちはなかなか寝ている間の無呼吸に気付かず、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

日本の潜在患者数は300万人以上ともいわれます。

実は、寝ている間に生じるこの無呼吸が、起きているときの活動に様々な影響があります。
気付かないうちに日常生活に様々な障害がおこる可能性があるのです。

睡眠時無呼吸症候群の患者さんは様々な全身疾患のリスクが高くなると言われています。
特に糖尿病、高血圧、心臓病(心疾患)、脳卒中などは大きく関係しているとの研究結果があります。

糖尿病について

SASの重症度が増すにつれ、糖尿病の合併割合が高くなります。
SASを合併していると糖尿病の発症リスクが1.62倍になることが報告されています。
(Am J Respir Crit Catr Med 2005;172:1590-1595)

SASと高血圧について

米国で一般住民を対象に行われた研究により、SASと高血圧には明らかな関連が示されました。
4年後に高血圧を発症するリスクを調査した結果、SASによる発症リスクは、健常人の約1.4~2.9倍になるという研究結果でした。
(Hypertension 2001:19:2271-2277)
また高血圧の患者で、降圧剤などの薬の効果がでない状態を「治療抵抗性高血圧」と言います。
この治療抵抗性高血圧と睡眠時無呼吸症候群(SAS)が高率で合併することが明らかになっています。

SASと心疾患

SASと不整脈の一種の心房細動との関係。

心房細動の発症頻度がSASを合併していない場合とSAS合併の場合と、2倍以上もリスクが高いことが報告されています。
(J Am Coll Cardio 2007;49:565-571)
別の研究では、重症SASの場合、SASではない人に比べて夜間の心房細動の発生頻度が4倍以上高かったと報告されています。
(Am J Respir Crit Care Med 2006;173:910-916)

SASと虚血性心疾患との関係

動脈硬化の原因の一つに冠状動脈が狭くなったり詰まったりすることがあげられますが、この冠状動脈が完全に塞がってしまい、血液が流れなくなり、心臓の細胞が壊死する状態を心筋梗塞といいます。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)が重症になるほど動脈硬化が進行するという研究報告があります。
そして、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を合併している人たちは、死亡・脳卒中・心筋梗塞の発生率が合併していない人たちに比べて1.7倍であったことが報告されています。

SASと脳卒中

脳の血管が狭窄して詰まる脳梗塞、血管が破れて出血したりする脳出血は、後遺症として麻痺や言語障害が生じやすいとされています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)重症例では脳卒中・脳梗塞発症リスクが3.3倍になることが報告されています。

睡眠時無呼吸症候群の検査について

簡易検査

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指にセンサーをつけ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があるかを調べます。多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。
当院では検査機器を有料でお貸出ししています。詳しくはスタッフにご相談下さい。

精密検査

簡易検査よりも詳しく、睡眠時の呼吸の状態を調べる検査です。終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査と呼ばれます。
専門の医療機関に入院して行う検査です。体に多くのセンサーをつけますが、痛みはありません。いつも通りに寝ている間に検査は終了します。
仕事などへの支障が少ないよう、仕事終りの夜に入院して検査をし、翌朝出勤前に退院できるよう配慮されている医療機関も多くあるようです。
PSG検査の結果は、医師や専門の臨床検査技師などがそれぞれのデータを見て最終的に判定します。事前に、時間、持ち物、費用等はご確認ください。

睡眠時無呼吸症候群が心配な方には、

  • 簡易的な検査機器を1~2晩お貸しします。(有料)
  • 自宅でこの装置を付けて眠っていただきます。
  • さらに詳しく別診断する場合は提携医療機関にて入院検査をご紹介することがあります。
  • 睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、治療に入ります。
  • 治療内容は、歯科では、マウスピースを装着して頂くことにより治療します。
  • 特に重症な方は提携医療機関にてCPAP(空気を送り込む機械)を使用し治療します。

当院にての、検査費及び治療費は

検査機械をお貸しする費用10,000円+税
おすすめの、治療用マウスピース(ソムノデント)は150,000円+税

医師の診断をお持ちの方は保険適応のマウスピース(モノコック型)は作製可能です。

保険適応のモノコック型スリープスプリント

長所
  • 健康保険適応のためコストが安い
  • 下顎の固定が確実である
短所
  • 細かい調整ができない
  • 調整は歯科医師しかできない
  • 使用時の不快感が大きい
  • 装着時、開口はできない

おすすめのスリープスプリント ソムノデント MAS

患者さん個々の歯列にあわせてカスタムメイドされた装置で、上下歯列にフィットするプレート部分とその形状で特許を取得した独自のウィング部分で構成され、装着時の顎位の動きを規制しながらも、患者さんが自由に口をあけるこことができるように設計されています。上顎臼歯部には顎位置を微調整するためのスクリューが装備され、装着後の調整も簡単におこなうことができます。

長所
  • 容易に細かい調整が可能
  • 顎が動かせ、開口も可能なため使用感が優れている
短所
  • 健康保険適応外なため高価

患者さんの声

一体型のスプリントは、唾液が多量に出ることに加え、隙間が無いために唾液を吸い込むことができない。 口腔内で唾液が溢れ呼吸がしにくく、恐怖感を伴う。特にアレルギー性鼻炎による鼻閉もあり、装着して寝ることが困難。中途覚醒が多く、その度にトイレに立つ。朝まで装着することはできなかった。

分離型スプリント(ソムノデントMAS)は、装着感に違和感が全くなく、前者と違い呼吸が楽にできるため、恐怖感が無い。CPAP治療も従来のスプリント治療も積極的に行うことには躊躇したが、この分離型スプリント(ソムノデントMAS)であれば、毎日使用することも苦ではない。

また、この装置を使用し始めてからトイレに起きることも無くなり、熟睡感が得られるようになった。更にこの装置は上下分離型なので、装着時でも会話は勿論、水を飲むことも可能。優れた装置。特に最初に分離型を経験していただけに、一体型を使用することは困難を極める。

この装置が保険適用になることを切に望むところです。保険適用が難しい場合、この感触の違いを経験されれば、たとえ高額であっても多くの方々がこの装置の装着を希望されることと思います。

以上簡単ですが感想を述べさせて頂きました。この装置をご紹介くださった先生に心より感謝申しあげます。

Copyright © 2014-2017 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP