歯が欠けた

歯が欠ける、というのは生活の中で起こって欲しくない出来事ですね。でも、ご飯を食べているとき、ケガをした時に歯が欠けるということはありえます。なぜ歯が欠けることがあるのでしょうか?

歯が欠ける原因を知っておくことで、歯を守る予防策を用意しておくことができます。また、歯が欠けてしまった時にどうすればいいかを覚えておくと、いざという時に慌てなくてすみます。歯が欠ける要因は意外にも生活のあらゆる場面にかくれているものなので、自分がどれに当てはまるかをチェックしておきましょう。

また、自分に当てはまるものがなくても、歯医者さんで定期的に検診を受けて、歯が弱くなる要因がないか確かめておくのは賢いことと言えるかもしれません。歯はおいしい食事をとって、楽しい毎日をおくるために欠かせない大切なものです。ずっと大切に残して行けるよう、予防できるところは予防していくようにしたいものですね。

記事目次

歯が欠ける原因第一位は虫歯!?

虫歯が原因で突然歯が欠ける!?

虫歯で歯が欠けるというのは、突然起きる事ではありません。だんだんと歯が菌におかされていって、欠けていく場合がほとんどでしょう。歯が欠けてくると歯の内側にある神経が外側にさらされて、虫歯特有の痛みが出てきます。こうなると神経を抜かなければならないので、虫歯で歯が欠けてきたかな?と思った時はできるだけ早く歯医者さんに行きましょう。

また、虫歯が原因で突然歯が欠けるということもあります。歯は表面の材質が非常に固いので、小さな穴があいたら内側から菌が浸食してしまうという場合があるためです。こうなると内側が空洞のようになってしまい、食事などの軽い刺激でも欠けてしまうことがありえます。どちらにしても、虫歯に気付いたなら早めに歯医者さんに行くというのは大切なことですね。

欠けた歯を放置しておくと、かけた部分が大きくなったり、虫歯の悪化等を引き起こす

コーラが歯を溶かして欠けさせる!?

歯の表面を覆っている、歯を白くみせているエナメル質が弱くなることで歯が欠けることがあります。エナメル質で歯が弱くなってしまう原因の一つとして、酸を多く含む食品を毎日とり続けていることがあげられます。これは酸蝕歯(酸蝕歯)と言われ、コーラなどの炭酸飲料、レモンやドレッシング、チューハイなどが上げられます。

酸性のものは歯を溶かしてしまう

  

酸性の強い食べ物や飲み物をとり続けているとどうしても歯の表面のエナメル質は弱くなってしまいます。これを予防するためには、酸性の飲食物を摂取した後はすぐに水やお茶を飲む事や、定期的にフッ素入りの歯磨き剤や洗口剤、フッ素ペーストなどを使うことが大切です。

食後は30分間を開けて

  

またこういったものを飲食した後にはすぐに歯磨きをするのではなく、30分は間を空けるということもあげられます。

               

チューハイだって歯に悪い

  

コーラが歯に悪いのは知っていたけど、チューハイも同じ程歯に良くないのは知らない方が多いのではないでしょうか?日頃から自分でとる食べ物を吟味できるようになりたいものですね。

アナタの癖が歯を欠けさせている!?

噛み合わせや、普段の思いもよらない癖がアナタの歯を欠けさせていることも

  

噛み合わせが乱れていると歯が欠けやすい場合があります。例えば、下あごが出ている、下顎前突(かがくぜんとつ)という症状がある場合には、上下前歯に日頃から刺激が強くあり、歯が欠けやすくなる可能性があります。また、歯並びが悪いと、虫歯にもなりやすいので、結果的に歯が欠けてしまう原因に成ってしまうのです。

歯を食いしばったり、固いものが好きだと歯が欠けやすい

食いしばりや固いものを噛む癖などがあると、外からの刺激がずっと続く事により歯が欠けてしまうことがあります。歯ぎしりや食いしばりは長期間続けていると、歯が削れて来てしまうので、注意が必要です。ただ、歯の表面は体の中でも最も固い物質なので、多少の癖ですぐに折れたり欠けたりしてしまうということはありません。それでも歯を大切に考えて、癖をできるだけなくすことは賢いことと言えるかもしれません。

歯ぎしりの癖は、最悪歯を折ることも・・・

  

上にあげられた食いしばりと同じで、歯ぎしりも歯が欠ける原因となります。歯ぎしりは特に、睡眠中に癖が出てしまうことが多いようです。ストレスがたまっている時には、歯ぎしりが顕著に出てしまう傾向にあるようです。鏡で歯を確認した時に、全体的に噛み合わせの部分が削れているように感じるなら、歯ぎしりをしていると考えてよいでしょう。

歯ぎしりの癖は放っておくと非常にやっかい

  

歯ぎしりを続けていると、歯の一番固い表面の部分が削れてしまうだけでなく、かなり強い刺激がずっとあるような状態なので、歯が欠けてしまったり、ひどい場合には折れてしまう可能性もあるのです。歯ぎしりだけですぐに歯が欠けてしまうということはないかもしれませんが、虫歯が多かったり、歯周病などで歯が揺れている場合には欠ける可能性が高くなることを覚えておきましょう。

歯ぎしり癖は歯科医院で治す

  

歯が削れたり欠けたりする原因となる歯ぎしりは、癖の一つでやめるのは非常に難しいようです。ですから、歯医者さんで専用のマウスピースを作ってもらい、できるだけ歯への負担を減らすことを目標にしましょう。マウスピースを毎晩はめて寝るのはかなり違和感がありますが、歯全体がだめになってしまうことを考えると、無理してでもはめて寝る方が良いでしょう。

事故などで歯が欠けることも

  

歯が欠けて病院に来られたという方の多くは、事故やけがなどが原因です。虫歯になった時に、歯が欠けたとはあまり言いませんものね。大人で歯が欠ける原因として多いのは、バイクの事故です。バイクの事故はどうしても顔にケガをおってしまう事が多いようです。また様々な理由からけんかなどで歯が欠けてしまうことも時折みられます。

お子さんは、遊んでいてボールが当たったり、体育の時間などにこけて歯が欠けてしまうという事故が多いようです。またお年寄りは、階段や段差での転倒で歯が欠けてしまうことがよくあるので、周りが注意しておくことは大切ですね。

歯が欠けた時の緊急対処法などをお教え致します

歯が欠けて、さらに血が!?コレって何事!?

  

歯が欠けた時に血が出る場合というのは、ほとんどが怪我で歯の周りの組織にも衝撃が加わっている状態です。歯が欠けるほどの衝撃というのはかなりのものなので、歯の根の部分からぐらついてしまう場合があります。また、歯が欠ける時には、一緒に歯茎にも傷がついていたり、唇を切ってしまっていて、血が出ることが多いようです。歯から直接血が出ていても、それほどの量にはならないので、血が出ているのはほとんどが歯周組織からと言うことができます。

歯が欠けた時の保存の裏ワザは牛乳!

  

自宅や出先で歯が欠けてしまった時には、欠けた部分を口の中に含んで歯医者さんに向かうことができます。大きく欠けてしまった場合や、抜けてしまった場合は、歯をそのまま接着して様子を見る事があるからです。しかし、歯が欠けた多くの場合は新しく人工の歯を作ります。

  

もし口に含むのが嫌であれば牛乳につけて持ってくることができます。そうすることで、歯の劣化を防ぎます。どちらにしても、歯をつけるか新しいものを作るかは歯医者さんに判断してもらうので、欠けた歯は持って行くようにしましょう。

自分で、何か薬を塗ったり接着剤でつけるのはやめましょう。

歯が欠けた時の治療費は!?

  

治療費は保険が適用されるので、初診料・再診料などで違いがあるものの、新しく歯を保険で作れば数千円ですむという場合がほとんどです。その際は、コンポジットレジンという歯科用のプラスチックを詰めますが、値段は安価ですが壊れやすいというデメリットがあります。

状況によっては思いもよらぬほどのお金がかかることも

  

保険外の歯をつけたり、手術が必要なほど歯茎が切れていたりすると、さらに治療費がかかる可能性もあります。歯が欠けた時には、できるだけ口腔外科がある病院に行くのをおすすめします。大きな病院でなくても、口腔外科がある病院を選ぶようにすると良いでしょう。もしそのまま放置してしまうと、壊死して変色したり、菌が入って化膿してしまう可能性があるので、絶対に放置しないようにしましょう。

歯が欠けた時にしてはいけないこと

歯が欠けた場合はティッシュに包まないで!

  

歯が欠けた時に、ティッシュにくるんで歯医者さんに持って来てくださる方がほとんどなのですが、実は口の中に含んで持って来てくださるのが一番良いです。口の中に含む事で、乾燥せず今までと同じ状態で歯を保つ事ができるので最も劣化が少なくなります。また口に含むのは抵抗があるという場合には、牛乳につけて持ってくるという手もあります。そばに牛乳もなく、口に含むのも嫌という場合には、濡らしたティッシュにくるんで持ってくることもできますが、とにかくできるだけ早く歯医者さんに行って治療してもらうことが何よりも重要です。

欠けた歯は元に戻せないことも・・・

  

何日も口に含んでいてもまたもとに戻せる可能性はほとんどありません。ただ、欠けた歯をもう一度接着してもまたすぐに取れてしまう可能性が高いので、多くの歯医者さんでは新しく人工の歯を作ります。人工の歯をつけて元の歯をつけても、これからはより欠けやすくなるので、定期的に歯医者さんで検診を受けて、治した場所の点検をしておくのは大切ですね。

セラミックの歯が欠けた場合は、お金がかなりかかってしまう!?

  

セラミックの歯であっても保険の歯であっても、歯が欠けた時の治療費は同じという場合がほとんどです。また同じセラミックの歯を入れたいという場合には、保険が適用されず新しい歯の値段がかかってしまいます。保証の可能性はもちろんあります。

保証内容をしっかりとチェック!

  

ただ、保険のきかない治療ですので、その歯を入れた歯医者さんに最初に保証があるかどうかを確認しておくのは賢明なことです。多くの歯医者さんでは、セラミックの歯を入れると5年から10年の保証期間を設けています。ただ、あくまでも歯医者さんが自分で決める保証期間ですので、自分から「保証がききますか?」と聞いてみた方が良いかもしれません。

歯が欠けた時のまとめ

・歯が欠けた場合は乾燥させずに保存する
・保存の際は、口の中に含むか牛乳などに漬けておく
・虫歯・歯ぎしりなどで歯が欠ける場合もあるので普段からのケアや検診が大切

  

以上になります。歯が欠けるには、必ず理由があります。そしてその理由は、いずれ歯を失いかねないものもあるので注意が必要です。歯が欠けた時に正しい対処をし、元の機能を回復できるように心がけてくださいね。

Copyright © 2014-2017 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP