ホーム > 歯科レポート > 気になる口臭・3つの原因と対策

気になる口臭・3つの原因と対策

自分では気づきにくい「口臭」。
今回は、口臭について「3つの原因と対策」と題して書かせていただきます。

原因1・「虫歯」

虫歯は「虫歯の菌」によるものなので、独特の臭いが生じます。
虫歯を放っておいても治らないばかりか、口臭の原因になってしまうんですね。

重症化する前に歯科で治療を受けたほうが良いことはもちろんですが、虫歯菌の繁殖や口臭が強くなることも踏まえて、虫歯は早期治療をおすすめします。

原因2・「舌の汚れ」

歯はいつも綺麗に磨いているのに、「なんだか口臭が気になる。」という方は、虫歯や歯が原因ではない可能性があります。口臭の原因の一つに、「舌に汚れが溜まっているために起こるもの」があります。

舌の表面に苔のようなものが発生し、それが口臭の原因になるのです。

歯科やドラッグストアなどでも「舌クリーナー」が販売されていて、舌用の歯ブラシみたいなものが売っています。時々、使用して舌を清潔に保つことが口臭を防ぐことにつながります。

舌に汚れが溜まっていると、舌の病気にもつながるため、やはり清潔にしておかなければなりません。

ただし、あまり傷がつくほどこすってしまわないようにしましょう。舌の表面に細かい傷ができると、返って舌癌等の原因になりかねないので、優しく表面の汚れを落とす程度にしましょう。

普段、舌クリーナーを使っていない方は、使用するととてもすっきりしますよ。

原因3・「歯石」

毎日歯磨きを頑張っているのに、いつの間にか溜まってしまう「歯石」。
普段の歯磨きだけでは、どうしても歯石はついてしまうものです。

歯の根元や歯の間に溜まりやすい「歯石」ですが、これは「プラーク」と呼ばれる歯垢が石灰化したものなので、こうなってしまうと普段の歯磨きでは落とすことができません。

歯ブラシの届かない「歯周ポケット」などにもできやすく、この「歯石」が口臭の原因となります。

歯科やドラッグストアに「歯石取り」が売っていますが、自分で歯石を取ろうとすると歯茎を痛めてしまい、歯を傷つけてしまったりしやすいため、年に一度は虫歯でなくても歯科で歯石を取ってもらうことが大切です。

歯科で歯石を取った場合、スッキリと自分では手の届かない部分まですべて取り除くことができますし、最後に研磨剤で磨いてもらえるので、より綺麗な仕上がりとなります。

いかがでしたか?

口臭は自分では気づきにくいものなので、家族内で注意しあい、どんな原因で口臭が起こっているかを見極めたいものですね。

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP