ホーム > 歯科レポート > どこまでが限界?ホワイトニング依存の怖さ

どこまでが限界?ホワイトニング依存の怖さ

今回は巷で話題?というか最近ではステータスになりつつある、「ホワイトニング」に注目!

あなたの歯は白い歯ですか??

最近、ホワイトニングカフェというような「ホワイトニング専門店」が増加しているのを、みなさんご存じですか?
チェーン展開している企業もあり、全国的に「ホワイトニング」は確実に世の中に広まってきていますよね。

一昔前では「芸能人は歯が命」なんていうキャッチコピーもあったくらいで、
芸能人の方ってホントとても白く輝いている歯をしていますよね。
テレビをみていると本当にみなさん歯並びも良く、綺麗な真っ白な歯をしていて、うらやましい限りです。それにしても歯がキレイすぎる!という芸能人、
多すぎるとは思いませんか?みなさん、本当にホワイトニングだけであんなに白い歯になっているのでしょうか?

芸能人はホワイトニングだけじゃない?

芸能人ってどうやって歯を白くしているんだろう?!
ほんとに、ホワイトニングだけ?という疑問をもったことはありませんか?
実は多くの芸能人の方が、ホワイトニングだけではなく、歯そのものに
被せものを行っている場合がほとんどなのです。

そこで、芸能時と同じように白い歯に!!と被せものを考えた場合・・・。
実はかなりお金も時間もかかります。
白く、透明感があり陶器のように艶々な白い歯は保険がきかず、自費治療の範囲になります。

大体、セラミックと呼ばれる歯の種類だと、1本12万円~くらいのお値段になるそうです。おせじにも安いは言えない金額ですね。
でも、どうしても白い歯にしたい!でもあまりお金はかけたくない!
そういった方にはホワイトニングはオススメですが、白さはどの程度なのか?
気になりますね。

お金がなくても、ホワイトニングを繰り返せば白い歯に??

残念なことに、ホワイトニングで歯を白くするには限界があります。
生まれ持った歯の色によるようですが、白さの限界ってあるみたいですね。

また、歯の神経がある歯は、多少なりともホワイトニングをすると「しみる」という症状がでてきます。白さを求めるなら、その「しみる」という症状を戦わなければならないのです。だからと言って低濃度のホワイトニング薬液では効果はあまり得られず・・・でも、一回ホワイトニングしただけでかなり効果がでる方もいます。

歯が白くないと思っているのはアナタだけかも?

ホワイトニングを繰り返していて、芸能人と同じような白い歯になりたい!と
思っている方はちょっと考えてみてください!
実は意外と、自分だけが歯の白さに気づいていない、納得していないだけであって、他人からみると確実に白くなっている!そんなこともあるのです。

実は歯の「白さ」というのは毎日見ていると見慣れてしまいます。
実際は以前より確実に白くなっているにもかかわらず、「まだ白くない」
「もっと白くしたい」と感じてきてしまうんですね。

これが、「ホワイトニング依存」と呼ばれるもの。
あまりの白くしたいという願望で、どんどんエスカレートして、さらに「白さ」を追求してしまい、「とにかくもっと白く!」と気にして依存症になってしまうことも・・・

最後にまとめ

歯の白さって追求すると奥深いものがありますね。

でも、「歯が白ければ白いほうがいい」=「美」でもないかもしれません。
私の友人は歯の白さを極端に追求しすぎてしまい、まさに「ホワイトニング依存症」になってしまいました。

他の人がみたら、十分白くて綺麗な歯をしているのに、それでも彼女はいまだに「まだ白くない、納得いかない」と言ってホワイトニングを繰り返しています。
そんな彼女の歯は白さを通り越して、透明感がありすぎる不自然な色に・・・。
はたして、「歯の白さ」だけが「美」なのか。

ホワイトニングをした方は、ぜひ恋人や友人、ご家族一度 歯の色を確認してもらうといいかもしれませんね。
もしかしたら、あなたの目は「白さ」に慣れてしまっているだけかもしれません。

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP