ホーム > 歯科レポート > ゼッタイ忘れないで!インプラントの検診

ゼッタイ忘れないで!インプラントの検診

インプラントの歯を入れた直後

それはもう完全自分の歯?というくらい違和感がありませんでした。
だからついつい自分の歯と同じように磨いてしまいそうになります。
本当にそこに歯があることを忘れるくらい。
インプラントと接している隣の奥歯は、もう何年も金属のかぶせモノがされています。
年齢と共に歯茎が痩せてきて自分の歯が金属の際から見えてきているので、ドクターは「むしろ、隣の歯の虫歯が心配なので、少し歯間ブラシが入るくらいの隙間を開けてインプラントの歯を入れます」と説明しました。
その後のケアも考えて歯を入れるのですね。

普段のケア

人工歯と歯肉の間に歯ブラシをキチンと当てることを言われました。
それは他の歯でも同じことですね。後は特別なことは言われませんでした。
元々の歯をケアできている人は大丈夫ということなのでしょうね。

初めての定期検診

インプラントを入れてからは半年に一度の検診は必ず受けて下さいと言われました。
検診のお知らせが届く頃、インプラントとペアになっている自分の奥歯で物を噛むと少し痛むようになっていたので、検診の時期が来てホッとしたものです。
ドクター曰く、「自分の歯は、噛み合わせを調節すべく少しずつ移動したり引っ込んだりするものです。けれどもインプラントは他の歯がどうであろうとガッチリ動きません。その分、ペアになっている歯に大変負担がかかるのです。だから、都度の検診で噛み合わせを見て、削ったりするケアが必要なんですよ」
なるほどーー!
これを怠って、痛むの失敗だのと文句は言えませんね。

まとめ

親戚や知人には、股関節などに人工関節を入れている人もいます。
それらにしても定期的に診せる必要はあるでしょうし、体調によっては感染症をおこすこともあるようです。
トラブルは未然に防ぐ、起こってしまったらすぐに対処する、このことが大切ですし、快適さを享受するために必要なことなのですね。

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP