ホーム > 歯科レポート > ホワイトニングで白くならない歯がある!?

ホワイトニングで白くならない歯がある!?

今回の内容は神経を抜いてしまった私にも関係がある、ホワイトニングが効かない歯についてお伝えしていきます。

ホワイトニングでは白くならない歯の存在

一般的にホワイトニングをすれば、どの歯も白くなると思いますよね。
しかし、通常のホワイトニングをしても変化がなかったり、一本だけ白くならなかったりという場合があります。
ホワイトニングは健康な歯にのみ有効なようです。
では、通常のホワイトニングで白くならない歯はどのように改善していくのでしょうか?

ホワイトニングで白くならない歯とは

詰め物をしている歯

以前虫歯の治療などで歯を削り詰め物をしている歯は、詰め物の所だけホワイトニングが効きません。詰め物をしていない歯は綺麗に白くなりますが、詰め物部分だけ黄色い状態で残ってしまいます。
その場合の対処法は、まずホワイトニングをしてその色に合わせて詰め物の色も変えます。これで健康な部分と詰め物の部分が均一の白い歯になります。

抗生物質で変色した歯

テトラサイクリン系の抗生物質で歯が変色してしまった場合、ホワイトニングの効果が期待できない場合があります。
歯の色が灰色や濃い茶色の場合、ホワイトニングは効きません。薄い茶色や黄色の場合はホワイトニングで白くなります。
白くならない場合の対処法は、ラミネートベニアやマニキュアを使用します。
ラミネートベニアは歯を削らなければならないので、まずはマニキュアからお試しする事をオススメします。

神経が死んでいる又は神経を抜いた歯

神経をが死んでいたり、神経を抜いた歯はホワイトニングで白くならない場合があります。
その場合の対処法は、インターナルブリーチという方法で歯を白くします。
歯の裏を削り神経が入っていた場所に、ホワイトニングの薬剤を入れて、歯の中から白くしていきます。

金属により変色した歯

金属を歯の裏に使用している場合、金属のイオンが染みだし灰色に変色する事があります。
この場合の対処法は、歯科医院で金属の部分を白色の樹脂に変えることで白い歯を取り戻せます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ホワイトニングで白くならない歯は意外と多いことが分かりますね。
私も、神経を抜いた歯の事がとても気になっていたのですが、ホワイトニング以外にも歯を白くする方法があることを知り安心しました。
白い歯を手に入れて、素敵な笑顔で毎日を過ごしましょう。

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP