ホーム > 歯科レポート > 意外な盲点?矯正中の磨きすぎに注意!

意外な盲点?矯正中の磨きすぎに注意!

矯正器具をつけていると虫歯になりやすいと言うけれど…

どうしても矯正器具はつけっぱなしになるわけで、歯磨きはとっても大切です。
歯ブラシもワイヤーに邪魔されて磨きにくい…でもちゃんとやらなくてはと、奥までブラシが行き渡るように毎日ゴシゴシゴシゴシと磨いておりました。
先生にも「ちゃんと磨けているみたいですね」なんて言われて安心して続けていたんですが、おススメの[細かい部分を磨くための小さなブラシの歯ブラシ]も合わせて使うのが面倒で普通の歯ブラシでひたすらぐいぐいと磨き続けておりました。

「歯肉がさがってきているよ」

ある日突然先生にこんな事を言われてびっくりです。
言われてみればちょっと食べたものが詰まりやすいなあなんて感じてはいて、でも矯正してるし器具もついているからしょうがないよね!なんて流していたんです。
どうやら歯肉が下がってしまって歯と歯の間に隙間が出来てモノが詰まるようになっていたようです。
さすがに先生も日々ちょっとずつ下がっている歯肉には気づかず、ある程度差が出たところで指摘されたようなんですが…

歯の為にやっていた事が仇になるなんて!

磨く時は優しく優しく丁寧に

原因は、「ゴシゴシ磨きすぎた事」。
歯の部分だけに歯ブラシを当てている時は多少強く磨いても大丈夫ですが、歯ぐきの部分は磨く事は大事、ただし「マッサージをするように丁寧に」する事が大切なんだそうです。そうじゃないとすり減るかのごとく下がってきてしまうそうで…
なかなか難しいですね。
でもちょっと横着して1本の歯ブラシで何とかしようと思ったのがよろしくなかったようです。
力任せにせず、場所によって使うブラシを変えて大切に扱わないといけなかったんですね。
歯肉が下がるなんて想像もしてませんでしたからまさかの告知でした

まとめ

歯肉がさがってしまうと、今のところ回復させる方法はなかなかないそうで、隙間を丁寧に磨いて虫歯を予防するしかないようです。
矯正は完了しましたが、ホウレン草などのお野菜が度々つまりやすい歯が出来上がってしまいトホホな結果が一緒について来ることとなりました。
皆さんはそんな事がないよう、お口の中は「優しく」をモットーに磨いてあげて下さいね!

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2017 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP