ホーム > 歯科レポート > “歯茎”だって見られてます! あなたは大丈夫?

“歯茎”だって見られてます! あなたは大丈夫?

どうして歯茎の色が悪くなるの?

歯茎の色が悪い、ってどういうことか、ピンと来ない人のためにここで写真を一枚。

つまり、こういう状態です。たまにいますよねこういう人。
歯茎が紫というか、黒っぽく濁ったような色になっちゃってるんです。
こうなってしまう原因は、大きくわけると3つ。ごく簡単に紹介しましょう。

1.喫煙

タバコに含まれるタールが沈着するうえに、ニコチンや一酸化酸素が血管を収縮させてしまうので、歯茎の色が悪くなる。ちなみに、親が喫煙者の場合、子供がこうなるケースもあるとか。

2.差し歯・被せもの

差し歯や被せ物の土台に使われた金属が少しずつ溶け出して歯茎にたまってしまう。
歯と歯茎の間が黒ずんでみえることが多い。

3.歯周病

歯周病によって歯茎が炎症をおこすと、次第に赤紫や黒ずんで見えるようになる。

ちなみに、冒頭で書いた私の憧れの女優は、②に当てはまると思われます。
彼女はかなり若い時期、多くの歯を差し歯に変えたらしいので。

どうして歯茎の色が悪くなるの?

歯茎の色を治療するには、いろいろ方法があります。
医師の方針によっても違うから一概には言えないけど、目安としてこちらもごく一般的なお話を。

喫煙が原因の場合

レーザー、もしくはブリーチをして蓄積したメラニン色素を取り除きます。ただし、症状によっては数回の治療が必要になることもあるそう。審美歯科の扱いが多いようです。

差し歯・被せ物が原因の場合

差し歯・被せ物を交換します。腐蝕しないセラミック(非金属)に交換するのがベストだけれど、保険外なので費用がかかるのが難点ですね。

歯周病が原因の場合

これはもう、“歯茎の治療”というより“歯周病の治療”が必要です。歯垢除去やブラッシング指導などの初期的なものから、外科手術が必要なケースまで、内容はいろいろ。

ブリーチやレーザーは、施術後は、術後に歯茎の状態が悪くなったという話もごくまれにあります。
なので、いきなり審美歯科に行くよりも一般歯科に行ってみて、そこでケアできないなら審美歯科を紹介してもらう、というスタンスがいいかも。

とにかく、自己判断は危険!

もしあなたが歯茎の色を何とかしたいと思うなら、歯科医に相談しましょう。

日頃のケアがいちばん大事。歯みがきを丁寧に

特に喫煙もしていなくて、差し歯にもしていないのに歯茎の色が悪い、という人は、歯周病の可能性があります。
歯周病は放っておくと歯が抜けてしまう恐ろしい感染症。
ひどくなる前に治療するのがお金もかからなくていちばん経済的なので、あれ?と思ったら、まずは歯医者へ!
そして何より大事なのは、やっぱり正しく丁寧な歯みがきです。

顔はまあ人並みでも、せめて歯茎くらいは健康的できれいな色にしておきたいじゃないですか。
もしあなたが男だとして、「歯茎の色が黒いけど美人」と、「普通の顔立ちだけど歯茎の色がピンクで健康的」、このふたりの女の子がいたら、どっちがいいと思います? 
後者のほうが絶対モテるでしょ。

お問い合わせについて 050-1234-5678無料メール相談オンライン予約
院長ブログ

Copyright © 2014-2020 ノーブルデンタルオフィス. All Rights Reserved.

PAGE TOP